【静音タイプ】電動シュレッダーで家庭用のおすすめ

電動シュレッダーは、名前や住所を細かくカットしてくれて、とても便利でした。

お部屋で使うなら、静かで小さいものが良いですよね。

  • 静音(うるさくない)
  • 小型(コンパクト)
  • 安い(リーズナブル、数千円から、高くても1万円台のもの)
  • マイクロカット(細断さいだんくずがとても細かい、おすすめ)
  • クロスカット(カットが速い、1度に投入できる枚数が多い)

静音せいおんタイプの電動シュレッダーから、家庭用のおすすめを探しました。

2021年9月19日に調べた時点でのおすすめです。

静かさをアピールしていた製品の中から、手ごろな価格帯だったものをまとめました。

静音シュレッダーのメーカー

以下のメーカーで、良さそうな電動シュレッダーが見つかりました(静音・小型・安い)。

  • アイリスオーヤマ (IRIS OHYAMA)
  • ナカバヤシ (Nakabayashi)
  • オーム電機 (OHM ELECTRIC)
  • サンワサプライ (SANWA SUPPLY)
  • アコ・ブランズ・ジャパン (ACCO BRANDS JAPAN)

家庭用、自宅用、1人用に、おすすめの電動シュレッダーです。

アイリスオーヤマ(マイクロカット)

型番かたばんP4HMS/KP4HMSの製品です。

(アイリスオーヤマ)超静音シュレッダー マイクロカット 全4色(アイリスプラザ)

(アイリスオーヤマ)超静音細密シュレッダー P4HMS/KP4HMS(商品情報)

  • 重量 5.6kg
  • 静音設計 約45dB(空転時)細断時は約66dB
  • マイクロカット
  • 紙の最大細断枚数 4枚(定格細断枚数は約3枚)
  • 細断速度 約2.0m/分

約45dBという数値が小さくて良いですね。

アイリスオーヤマ(クロスカット)

型番がP6HCSの製品です。

(アイリスオーヤマ)超静音シュレッダー P6HCS(アイリスプラザ)

(アイリスオーヤマ)超静音パーソナルシュレッダー P6HCS(商品情報)

  • 重量 5.6kg
  • 運転音 45dB(空転時)定格細断時は約60dB
  • クロスカット
  • 紙の最大細断枚数 約6枚(定格細断枚数は約5枚)
  • 細断速度 約2.2m/分

カットが高速で音も静かなところが良いですね。

ナカバヤシ(マイクロカット)

型番がNSE-NLM02LGの製品です。

(ナカバヤシ)パーソナルシュレッダ ノイズレス NSE-NLM02LG(ナカバヤシ ダイレクトショップ)

  • 本体重量 5.5kg
  • 運転音 約50dB(無負荷時)
  • マイクロカット
  • 紙の最大細断枚数 3枚
  • 定格細断速度 2.2m/分

マイクロカットで細断スピードが速いところがいいですね。

サンワサプライ(マイクロカット)

型番が400-PSD057の製品です。

(サンワサプライ)電動シュレッダー 静音 400-PSD057(サンワダイレクト)

  • 重量 約8.7kg
  • 騒音 約58db
  • マイクロカット
  • 紙の定格細断枚数 10枚
  • 細断速度 約1.8m/分

一度に投入できる枚数の多さと、ホッチキスの芯ごと細断できる便利さが良いですね。
しかも、マイクロカットタイプです。

オーム電機(マイクロカット)

型番がSHR-MX700-Wの製品です。

(オーム電機)スリムマイクロカットシュレッダー [品番]00-5143 [型番]SHR-MX700-W

  • 質量 約4.65kg
  • 作動音 約60dB
  • マイクロカット
  • 紙の最大細断枚数 5枚
  • 細断速度 約2.3m/分

本体がとてもスリム。しかも、マイクロカットで細断スピードも速い。

オーム電機(クロスカット)

型番がSHR-C510Sの製品です。

(オーム電機)静音マルチシュレッダー [品番]00-5288 [型番]SHR-C510S

  • 質量 約5.3kg
  • 作動音 50dB
  • クロスカット
  • 紙の最大細断枚数 6枚
  • 細断速度 約2m/分

こちらも作動音の数値が小さいほうでした。消費電力が75Wと小さいのも良いですね。

アコ・ブランズ・ジャパン(マイクロカット)

型番がGSHA25M-G/Sの製品です。

(アコ・ブランズ・ジャパン)マイクロカットシュレッダ GSHA25M-G/S

  • 質量 6.3 kg
  • 静音タイプ(当社従来品比)
  • マイクロカット
  • 最大細断枚数 7枚
  • 細断速度 1.8m/分

最大細断枚数が多めで良いですね。デザインもカッコイイです。音の測定値が見つからなかったのですが、価格.com のレビューで「音はあまり気にならない」という旨の投稿がありました。

ほかのメーカーの電動シュレッダーはどうだったのか?

コクヨ (KOKUYO) は、電動シュレッダーの新製品を出していないようでした。

過去に販売した製品のためのメンテナンスシートとか、そういった消耗品がいくつかあっただけでした。

フェローズジャパン(Fellowes、フェローズ)の電動シュレッダーは、今のところ、静音タイプのものがないようでした。探してみた中では

(フェローズジャパン)デスクサイドシュレッダー コンパクト 8MC

という製品が良さそうでしたが、「動作音 70dB」という記載があったので、静音タイプではなさそうですね。ホチキスでとじた紙も細断できる、パワフルなタイプでした。

静音タイプの定義

各社の静音タイプの商品ページを見てきた限りでは、運転音や動作音が 60dB くらいまでのものを、静音タイプ(静音設計)としているようでした。

数値が非公開の場合でも、「当社従来品比とうしゃじゅうらいひんひ」で音を静かにしたものが「静音タイプ」になっていました。

今の自分は「運転音:約60dB/無負荷時(HEX-T01、ナカバヤシ)」の製品を使用していますが、音は普通です。

夜中に使うと「ウィィィン」という音が大きく聞こえましたが、別に、うるさいというほどではなかったです。

時間的にも、10秒くらいでA4用紙1枚をカットできましたので、音は許容範囲でしたね。

その前は、コクヨの電動シュレッダー (KPS-X80) を使用していました。

電動シュレッダーが書類整理で大活躍した話(コクヨ KPS-X80)

おかげで、大量の書類整理がついに終わったので、今は「超コンパクトタイプ」の電動シュレッダーを愛用している、というわけです。

以上です。

スポンサーリンク
ブログ
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました