【HUGO】content フォルダを変更する方法【contentDir, config.toml】

静的サイトジェネレーターの HUGO で content フォルダの場所を変更する方法です。

設定ファイル (config.toml, config.yaml, config.json) の contentDir に、フォルダのフルパスを指定したらできました。

(gohugo.io) contentDir

(gohugo.io) Configuration File (config.toml, config.yaml, config.json)

config.tomlcontent フォルダを変更する例です。

contentDir = "F:\\project\\content_hugo"

(Windows 10 64 bit で HUGO v0.91.2 を使用しました)

フォルダのフルパスを指定するときは、1つのバックスラッシュ(円マーク)を2つにして書きます(2つで1つのバックスラッシュになりました)。

これで、HUGO のデフォルトフォルダの下にあった content フォルダを、別のフォルダに移すことができました。

また、別の場所のフォルダにある「マークダウン (.md) の記事」を参照させることができました。

とても便利でした。

自分は HUGO のテーマを選んだり開発したりするときに、良く使用しています。

自作サイトの見た目をチェックするときに、ほかの既存の content フォルダをそのまま流用することができたので、便利でした。

自分は「content フォルダ」と「public フォルダ」の変更しか試していませんが、公式マニュアルによると、以下の変更ができるようでした。

archetypes フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) archetypeDir

assets フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) assetDir

content フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) contentDir

data フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) dataDir

public フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) publishDir

themes フォルダ の変更 ⇒ (gohugo.io) themesDir

以上です。

スポンサーリンク
HUGO
シェアする(押すとSNS投稿用の『編集ページ』に移動します)
フォローする(RSSフィードに移動します)
スポンサーリンク
シラベルノート
タイトルとURLをコピーしました