決算分析システム

決算分析システム

【Python】XBRL から『勘定科目の金額や文章』を取得するコード例【Arelle】

XBRL 読み込みライブラリの Arelle (アレル) を使用して、『勘定科目の金額や文章(ファクト、fact)』を取得する Python コード例です。 Arelle を使用したら、簡単なコードでデータを取得することができました。...
決算分析システム

【Python】Arelle のインストール方法【XBRL 読み込みライブラリ】

XBRL からデータを取得して決算分析をするときは、Arelleアレル という Python モジュールが便利でした。 公式サイト (Arelle) の説明を読んだところ、Arelle とは、『XBRL ファイルの正しさをチェックする...
決算分析システム

【Python】SQLite データベースを読み取り専用で開くコード例【ReadOnly】

Python の sqlite3 でデータベースを開くときに、『読み取り専用 (ReadOnly)』で開くコード例です。 Python のマニュアルに『読み出し専用モード』で使用する方法が載っていました。 sqlite3.con...
決算分析システム

set.intersection() で『積集合』を取得する Python コード例

Python の set.intersection() で『積集合(せきしゅうごう)』を求めるコード例です。 やり方です。 集合を入れたリストなどを、アスタリスク * でアンパックして、set.intersection() に渡...
決算分析システム

Python で encoding の一覧を取得する方法とコード例(標準エンコーディングの表から一覧を取得)

Python で 'utf-8' や 'shift-jis' といった『encoding(エンコーディング) の一覧』を取得する方法です。 エンコーディングの一覧は、Python 公式マニュアルの『ライブラリーリファレンス』⇒...
決算分析システム

Python で例外のエラーメッセージを取得するコード例

Python の try 文(トライ ぶん)で例外(れいがい)をキャッチしたときに、エラーメッセージを取得して表示するコード例を書きました。 excep 節(エクセプト せつ)の中で『エラー名』や『エラーの内容』を取得して、画...
決算分析システム

WinMerge をバッチファイルで起動する方法と解説【Windows】

WinMerge(ウィンマージ) を『バッチファイル』で起動する方法を書きました。 バッチファイルでフォルダを指定しておいて、『ダブルクリック一発』で比較できるようにしました。 毎回ファイルやフォルダを指定する手間が省け...
決算分析システム

PDF からテキストを抽出する Python コード例【pdftotext.exe】

PDF からテキストを抽出(ちゅうしゅつ)する Python コード例(れい)です。 Python から Xpdf tools(エックス ピーディーエフ ツールズ) の pdftotext.exe(ピーディーエフ トゥ テキス...
決算分析システム

PDF の破損をチェックする Python コード例【QPDF】

Python で破損した PDF ファイルをチェックするコード例を書きました。 Python からコマンドラインツールの QPDF(キューピーディーエフ) を呼び出して、PDF のエラーをチェックします。 Python の Re...
決算分析システム

XBRL の数値データをどうやって比較可能な状態に持っていったかの話【勘定科目の集約と計算リンク】

自分の場合は、結局、自前でタグ名と勘定科目の対応リストを作って、ほかの企業と比較できる状態に持っていきました。 ところで、計算リンク (calculationLink) と表示リンク (presentationLink) には、勘定科...
タイトルとURLをコピーしました