EDINET

EDGAR

【Python】Arelle のインストール方法【XBRL 読み込みライブラリ】

XBRL からデータを取得して決算分析をするときは、Arelleアレル という Python モジュールが便利でした。 公式サイト (Arelle) の説明を読んだところ、Arelle とは、『XBRL ファイルの正しさをチェ...
EDINET

詳細なXBRLパーサーのコード例【Python】

XBRLファイルからデータを読み込む詳細なXBRLパーサーのコード例です。 詳細なXBRLパーサーの作り方で作っていたPythonプログラムのコードになります。 ある程度動きましたので、現時点のコードを掲載します。 コード...
EDINET

セグメント情報から事業別の売上高などを取得する方法【EDINET XBRL】

有価証券報告書には、企業全体の売上高のほかに、事業別の売上高といった詳細な情報が載っていました。 EDINET XBRL のコンテキストにある「シナリオタグ」を取り込むことで、そういった情報も取り出すことができました。 その大ま...
EDINET

EDINET XBRLの勘定科目タグ集約リスト

業績グラフを作るにあたって作成した、勘定科目タグの集約リストを紹介します。 決算情報をXBRLから抽出するのは比較的容易なのですが、実際に分析しようとすると、売上高にも色々な種類があって、「これが売上高のグラフだ!」というのがなかなか...
EDINET

EDINET XBRLを読み込むPythonライブラリ

(2020年11月6日 追記)Python で XBRL のデータを取得するなら、まず『Arelle(アレル)』という Python ライブラリを使ってみるのが良いと思います。 ⇒ 【Python】Arelle のインストール方法【XBR...
EDINET

ラベルファイルを読み込むコード例【Python】

XBRLのラベルファイルを読み込むコード例です。 EDINET XBRL仕様書で、名称リンクと呼ばれているあたりの内容です。 ラベルファイルを見ると分かるのですが、たいていの場合、ひとつの勘定科目に対して複数のラベルが定義されて...
EDINET

スキーマファイル(xsd)を読み込むコード例【Python】

PDFのような日本語ラベルをつけるために、同梱されているスキーマファイルを読み込みます。そのコード例を示します。 スキーマ schema (Oxford Learner's Dictionaries) という言葉ですが、アウト...
EDINET

旧EDINET XBRLを読み込むコード例 (jpfr, ifrs)【Python】

古いバージョンのEDINET XBRLを読み込むコード例です。 2013年以前の決算を取得するために作りました。 新・旧を組み合わせると、2008年からの決算データベースができます。 これにPDFの手入力を組み合わせれば、...
EDINET

EDINET XBRLをExcelに変換するコード例【Python】

XBRLの内容をデータフレームに変換して、Excel形式(xlsx)で保存するコード例です。 2014年以降のEDINET XBRLを読み込むコードです。 実行すると、すべての勘定科目のタグ名・日付・金額がxlsx形式で保存され...
EDINET

contextRefから日付情報を取得する【XBRL】

XBRLの勘定科目タグには日付が設定されています。全上場企業・全期間の勘定科目の決算データベースを作るにあたって、この日付をもとに時系列を整理します。とても重要な情報です。その取得方法です。 contextタグの辞書を作る 勘定科目には...
タイトルとURLをコピーしました