初めての人におすすめのネット証券と証券口座の作り方(無料)

初めての人におすすめの『ネット証券しょうけん』と、『証券口座しょうけんこうざの申し込み方』を説明します。

証券口座しょうけんこうざを開設すると、株式の注文状況を見たり、上場企業じょうじょうきぎょうのくわしい解説を見たりできるようになります。

口座を持っている人と、持っていない人では、情報量がぜんぜんちがってくるわけです。

口座の開設料や維持費は無料です。口座を作っても、株式を売買しなければ、お金はかかりません。毎年の維持費もかかりません。

そういったネット証券が、いくつもあるのです。

べつに、口座だけ作って、株式を売買しなくてもOKです。株式を持たないままでも大丈夫です。企業分析のためだけに、口座を開設しても、ぜんぜんOKなのです。あせって売買する必要は、まったくありません。

つまり、証券口座の開設には、メリットしかないわけです。

証券口座は、もちろん閉鎖する(退会する、解約する)こともできます。

(参考)口座閉鎖の手続き方法は?|よくあるご質問Q&A|SBI証券

そのあたりは、普通の銀行口座と同じです。

初めての人におすすめのネット証券

初めてのネット証券は、SBI 証券エスビーアイ しょうけんがおすすめです。

注目すべきおすすめポイントは、3つです。

  • みんなが使っている(口座開設数こうざかいせつすうが500万口座。2020年時点)
  • 無料で口座が持てる(口座開設料こうざかいせつりょう管理費かんりひが無料)
  • 株式の売買手数料が安い(業界最低水準)

さらなる詳細は、証券口座の申し込みページに書かれています。

【申し込みサイトを開く】
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

ようするに、ネット証券の大手だから安心。そして、サービスも良い、ということです。

シラベルノートの管理人も、最初は SBI 証券に口座を作りました。売買せずに放置していることもありますが、維持費とか管理費とか、あと年会費といった費用は、かかっていません。SBI 証券で読める会社四季報かいしゃしきほうを見るためだけに、口座にログインすることもあります。Web 画面も使いやすいです。

くり返しになりますが、証券口座を持つことには、メリットしかないわけです。

もちろん、実際に売買を行う場合は、リスクがあります。

ですが、口座を作って、ネット証券が提供してくれる情報を見る分には、メリットしかないのです。

それでは、口座の申し込み方です。

証券口座の作り方

証券口座の開設は、ネットから申し込みます。

まずはネットで、口座開設資料こうざかいせつしりょう請求せいきゅうするわけですね。

つぎで解説しますが、お手もとに免許証や銀行通帳を用意すると、入力がスムーズです。

用意するもの

必要事項を入力するときに、あると便利なものを、リストにしました。

  • 運転免許証か保険証と郵便番号がわかるもの ⇒ 名前や住所の入力に使います。
  • 携帯電話番号とメールアドレス ⇒ 連絡先の入力に使います。
  • 銀行通帳や源泉徴収票げんせんちょうしゅうひょうなど ⇒ おおまかな年収ねんしゅう金融資産きんゆうしさんの金額を、選択肢から選ぶときに見ます。

年収と金融資産の金額は、とても簡単です。

『300万円未満』、『300万円~500万円』、『500万円~1000万円』のように、ざっくりとした選択肢から選ぶだけです。

ほかにも質問が続きますが、どれも選択肢から選ぶだけです。

自分にあてはまるものや、近いものを選んでいけばOKです。

【申し込みサイトを開く】
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

特定口座の説明

ひとつだけ、『特定口座とくていこうざ』の項目が、初めてだと迷うかもしれません。

『証券口座』の中身というのは、さらに細かく分かれていて、『特定口座とくていこうざ源泉徴収あり・源泉徴収無し)、NISA 口座ニーサこうざ一般口座いっぱんこうざ』などに分かれています。

初めて証券口座を作る人は、『特定口座とくていこうざ開設かいせつし、源泉徴収げんせんちょうしゅう選択せんたくする』を選んでおきましょう。これが、『特定口座(源泉徴収あり)』という意味になります。

シラベルノートの管理人も、『特定口座(源泉徴収あり)』で、口座を作りました。

簡単に説明します。

特定口座は作る。源泉徴収も選択する。

特定口座とくていこうざ』を開設しても、デメリットはありません。開設でOKです。

特定口座とは、投資家の事務負担を軽くするために誕生した制度です。開設すると、証券会社のほうで、損益そんえきの計算をしてくれます。特定口座を作らないという選択は、普通はしません。開設でOKです。

(参考)特定口座とは何ですか?|よくあるご質問Q&A|SBI証券

源泉徴収げんせんちょうしゅう』も、選択するのが無難ぶなんです。

税金について、大きなミスが起こりにくくなる素敵な制度です。源泉徴収を選択すると、証券会社のほうで、利益にかかる税金を天引てんびきして、納税のうぜいまでしてくれます。

源泉徴収あり・無しの選択は、証券口座を作ってからでも、変更可能です。なので、迷ったら、最初は『源泉徴収を選択する』を選べばOKです。

(参考)特定口座の「源泉徴収あり/なし」の変更はできますか?|よくあるご質問Q&A|SBI証券

まとめます。

迷ったら、『特定口座とくていこうざ開設かいせつし、源泉徴収げんせんちょうしゅう選択せんたくする』が適切です、ということです。

申し込みが完了したら、あなたの住所に、口座開設のための資料が送られてきます。

それを返送して、不備ふびがなければ、完了です。

(※ NISA 口座ニーサこうざについても、案内があったら申し込みましょう。NISA 口座を作っても、デメリットはありません。)

証券口座にログインすると、株式の注文状況や、ネット証券独自のレポートが見られるようになっているはずです。

おさらいです。

SBI 証券エスビーアイしょうけん

  • 口座開設が無料。口座の管理費も無料。
  • お金がかかるのは、株式を売買したとき。
  • 株式の売買には、リスクもある。
  • 売買せずに、情報を見るためだけに口座開設してもOK。
  • もちろん、株式を保有せずにいてもOK。
  • 証券口座は、閉鎖もできます。

口座の開設には、書類のやりとりで時間がかかります。

思い立ったら、早めに申し込んでおきましょう。

【申し込みサイトを開く】
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

タイトルとURLをコピーしました